ローカル開発環境、メモ

WordPress の学習のため、実際に WordPress に触れる目的で、 サーバーを借りてブログを運営しています。ふと、オリジナルのテーマを作ってみたくなったのですが、初っ端から苦戦したので今後に生かすために記録。内容的には、将来の自分が同じことで時間をとられないようにするための、ただのメモになります。自分が基本的にはドットインストールで学習したので、同じような方には多少助けになってくれるかもしれません。

まず、ローカル開発について正直あんまり理解できていないので、その復習からはじめました。方法はいろいろあると思いますが、ドットインストールから習った通りに、VirtualBox と Vagrant を利用し、Putty で動かすやり方をとっています。

ただ、いきなりやることがわかりません。さあやるぞ!と意気込んだのはいいのですが、まず何からやればいいのかがわからない。たぶん現状、学習用にサーバー?仮想マシン?がひとつ立ち上がってる状態なので、自分用に新しく作らないといけないのかな?とかそういうレベル。WordPress のオリジナルテーマを作る、とかいう以前の問題。

なので、ドットインストールの「ローカル開発環境の構築」を見直します。特に#04の、「構築作業の流れを確認しよう」を理解するまで眺めていました。こちらの動画はただの図解なのですが、概念を理解するための大きな助けになりました。

基本的には#05「仮想マシンを立ち上げよう」から順番に動画を見ていって、内容通りにやればいいと思うんですが、ざっくり流れを書くと、

1.powershell を使い cd コマンドでMyVagrant フォルダに移動。このフォルダも学習したときに作成したもので使わなくてもいいと思いますが、このなかでまとめてサーバー管理すればいいか、と思い流用。

2.mkdir コマンドで新しいフォルダを作成。ひとつのサーバーごとにひとつのフォルダが必要らしいので、適当な名前でいいと思います。自分は wordpress のオリジナルテーマを作りたかったので、「mywordpress」という安直な名前にしました。

3.cd コマンドでいま作ったフォルダに移動し、vagrant init bento/centos-6.8 コマンドを実行。Cドライブ→ユーザー自分のユーザー→MyVagrant→作ったフォルダ名→Vagrantfile を開き、35行目の頭についている # を削除し config.vm.network “private_network”, ip: ” 〇 〇 〇 〇 ” の、ip を設定。この数字ってなんでもいいんでしょうか?とりあえず学習では 192.168.33.10 を使っていたので、ひとつずらして 192.168.33.11 にしました。あと、今回は35行目でしたが、ドットインストールの動画では違う行数だったので、バージョンによって変わるのかもしれません。前後に似たような記載があるのでわかりにくいですが、「private_network」のところのIPをいじればいいんじゃないかと思います。

このあたりまでが、動画では説明されていない内容になります。あとは動画の通りにやっていけば問題なさそう。

この後、OSをアップデートしたり、スクリプトを入れたりなど時間のかかることをするんですが、これってサーバーごとにやらないといけないんでしょうか。いけないんですよね。ふと思い立って新しいことしよう!サーバー増やそう!ってなったときに、毎回この時間をとられるのは、なかなかもどかしいものがありますね。

初心者がドットインストールを参考にローカル開発環境構築に挑戦!
こんにちは。プログラミング初心者のブガ郎です。 今回、初心者には難しい言われるローカル開発環境の構築に挑戦して…

こちらのサイトに、詳しく手順が乗っていました。まあ動画を見れば済む話なんですが、文章でじっくり読みたいときもあるよね、ってことで。

とにかくサーバーが新しく準備できたので、ブログ用にオリジナルテーマを作ってみたいと思います。とはいえデザインも決まってないし、どういう機能が欲しいかなんてことも考えていないので、のんびり時間をかけて、になるとは思います。その前に今あるwebサイトの WordPress 化をやってみようかしら。そうなると、またサーバーを作らないといけないですね。もう、10個くらい先に作っておいたほうがいいかもしれないですね。

かしこ

タイトルとURLをコピーしました